CEDRIC
  • トップページ
  • エクステリア
  • インテリア
  • グレード
  • 機能・快適性
  • 走行性能
  • 環境・安全・品質
  • スペック
環境・安全・品質

セドリック:セドリックの環境性能や日産の環境への取り組み「ニッサン・グリーンプログラム」をご紹介。

ニッサン・グリーンプログラム
日産は、「人とクルマと自然の共生」を目指して、「CO2排出量低減」「エミッションのクリーン化」「資源循環」にチャレンジしてきました。そしてこれからも、将来の世代へ誠実に責任を果たし、かけがえのない地球環境の保護に取り組んでいきます。

環境性能

CO2排出量の削減
セドリックは「電子制御燃料噴射装置」「電子制御AT」「アイドリングストップ&スタートシステム」などの採用により燃費を向上させ。さらに、メーターの燃費表示機能によって、運転時の燃費向上およびCO2(二酸化炭素)排出量の削減をサポートしています。


排出ガスのクリーン化
セドリックは平成17年排出ガス規制に適合しています。


リサイクル性の向上
セドリックはリサイクル材料(販売店からの回収バンパー、一般市場からの再生材)を多くの部品に使用するなど、資源の有効利用に取り組んでいます。さらに熱可塑性樹脂の中でも最もリサイクルしやすい材料を多くの部品に採用し、リサイクル可能率90%以上*を達成しました。また樹脂・ゴム部品には、リサイクルの際の分別を容易にするため材料マーキングの徹底をしています。


自動車リサイクル法について
使用済み自動車を適正に処理し、資源の再利用と環境負荷物質を減らす目的で自動車リサイクル法が施行されました。
この法律によりクルマの所有者、メーカー、関連事業者それぞれに役割が定められています。
2005年1月1日以降、シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類のリサイクル・適正処理費用としてクルマの購入時にリサイクル料金が別途必要となります。詳しくはカーライフアドバイザーにお問い合わせください。

* 「新型車のリサイクル可能率の定義と算出方法のガイドライン(1998年自工会)」に基づき算出。

こちらに掲載のセドリックの生産は終了させて頂きました。
2002年6月から2014年11月まで掲載