ATLAS
  • トップページ
  • エクステリア
  • インテリア
  • グレード
  • 機能・積載・快適性
  • 走行性能
  • 環境・安全
  • スペック
走行性能

アトラスH43 DIESEL HYBRID & CNG:クリーンな排出ガスと低燃費を高次元で両立した、最新のディーゼルハイブリッドシステムを搭載。

ディーゼルハイブリッドシステム

高い信頼性を発揮するPTO型パラレル駆動方式

高い信頼性を発揮するPTO型パラレル駆動方式

エンジンと別軸にモーター&ジェネレーターを配置したPTO型パラレル駆動方式を採用。万一システムに異常が発生しても、一般のディーゼルトラックと同様にエンジンのみでの走行が可能です。モーター&ジェネレーターをフレーム下方にレイアウトし、架装時の床面地上高上昇も抑えます。

モーター&ジェネレーター

モーター&ジェネレーター
発進・加速時にはモーターとしてエンジン駆動力をアシスト。減速時にはジェネレーターとしてエネルギーを回収し、電気に変換します。

リチウムイオンバッテリー

リチウムイオンバッテリー
長寿命で軽量のバッテリー。ジェネレーターで発生した電気をインバーターを介して蓄えます。

スムーサーEx

スムーサーEx
減速時にクラッチを自動的に切り離し、エンジンブレーキによる減速エネルギーの回収ロスを防ぎます。

インバーター

インバーター
モーター&ジェネレーターとバッテリー間で、直流⇔交流の変換を行います。

新制御「Smartグライド+e」採用

新制御「Smartグライド+e」採用
一定速でアクセル開度が少ない場合には、自動的にクラッチを切り、車両の慣性を無駄なく活かして走行(=Smartグライド制御)。

ディーゼルハイブリッドシステムの基本作動

ディーゼルハイブリッドシステムの基本作動
ハイブリッドシステムは車両が減速時に失ってしまうエネルギーを充電(回生)し、再利用する...

回生/モーターアシスト量を増大
燃費向上のため、従前のシステムに比べ、回生ブレーキ力を高め、減速時のバッテリーへの回生量を増大しました。より多くの回生エネルギーをモーター走行・モーターアシストに活かします。

回生ブレーキモード切替機能を採用

回生ブレーキモード切替機能を採用
制動力が強すぎると感じる場合や滑りやすい路面を走行する際などは、回生ブレーキ...

ECOドライブインジケーターを採用

ECOドライブインジケーターを採用
ハイブリッド機能の大幅な強化に加え、ドライバーの省燃費運転を支援するため、燃費の良い運転操作方法に応じて点灯するECOドライブ...

排気ブレーキにECOブレーキを併用

排気ブレーキにECOブレーキを併用
ECOブレーキを併用することで、排気ブレーキによるエネルギーロスを最小化しました。

ディーゼルハイブリッドシステムインジケーター

ディーゼルハイブリッドシステムインジケーター
ディーゼルハイブリッド車専用のハイブリッドシステムインジケーターを採用。

新インタークーラーターボ“4JJ1-TCS”

新インタークーラーターボ“4JJ1-TCS”
新開発4JJ1-TCSディーゼルは2ステージターボを搭載しました。エンジンの全回転域で効率性の高いターボ効果を発揮します。

※装備・仕様の設定は車種およびグレードにより異なります。詳しくは主要装備一覧・シャシー一覧をご覧ください。