SHIFT_the way you move

オーナーであるあなたのことを第一に考えた、もてなしの装備。

クリップ

オーナーであるあなたのことを第一に考えた、もてなしの装備。

クリップ

フォレストエアコン(世界初*1)

アロマディフューザーやゆらぎ風、湿度制御機能で心地よい空気を、プラズマクラスター搭載フルオートエアコンやにおい・排出ガス検知式内外気自動切換え機構、高性能フィルター(花粉・におい・アレルゲン対応タイプ)できれいな空気を生成。まるで森の中にいるかのように心地よい、世界初のエアコンです。

*1 2009年11月現在

フォレストエアコン
クリップ

01_汚い・臭い空気をシャットアウト
車内外のにおいを検知する内外気自動切換え機構 排出ガス検知に加え、車外の家畜のにおいや車室内のたばこのにおいなどを検知するセンサーにより、いやなにおいの侵入を防ぎながら、積極的に換気。車内の酸素濃度を高いレベルで維持します。

02_高いレベルで空気をクリーンに
プラズマクラスター搭載フルオートエアコン内装にしみついたにおいの低減とともに、お肌にツヤを与えます*2。ダニのアレル物質やカビ菌、ウイルスなどを強力に分解・除去します。


*2 効果には個人差や作動条件により差があります。株式会社総合医科学研究所にて試験、イオン濃度25,000個/cm3、被験者のこめかみの肌水分量を測定。
※本商品にはシャープ株式会社のプラズマクラスター技術を搭載しています。プラズマクラスターマーク及びプラズマクラスター、Plasmaclusterはシャープ株式会社の商標です。


ブドウポリフェノールフィルター 極めて高いアレル物質(花粉、ダニの糞、死骸等)の除去効果を実現します。

03_気持ちよい森の空間を演出
アロマディフューザー みどりの香りと香木の香りの2種類のアロマを効果的に供給することで、気持ちを落ち着かせ集中力が高まるというリラックス効果が期待できます。

ゆらぎ風 “1/fゆらぎ”を再現し、自然のそよ風を感じることができます。また、外界の環境状況によって吹き出し量のパターンを最適制御。アロマ同様にリラックス効果が期待できます。

最適な湿度制御 高精度な湿度検知制御による最適な除湿コントロールにより、窓の曇り等の発生を防ぎながら、快適な湿度に室内空間を保ちます。

フォレストエアコン

クリップ
トランクオートクロージャー

トランクオートクロージャー

トランクリッドを軽く押し下げるだけで、静かにロックできるトランクオートクロージャーを採用しています。

パーソナルドライビングポジションメモリーシステム

パーソナルドライビングポジションメモリーシステム(ステアリング・運転席・ドアミラー、ナビゲーションシステム、エアコン)

ドライバーが持ったインテリジェントキーの・・・

前席エアコンディショニングシート

前席エアコンディショニングシート

運転席・助手席の背部と座面から温かい風または冷たい風を送風。好みの温度に調整でき、フロントシートの快適性をいっそう高めます。

助手席パワーオットマン機構

助手席パワーオットマン機構

ゆったり足が組めるほどのレッグスペースに加えて、助手席にはパワーオットマン機構を採用。ふくらはぎを支える位置を体型に合わせ・・・

トランクルーム

トランクルーム

コンパクトなリチウムイオンバッテリーや、通常電源用バッテリーなどの配置に工夫を凝らして、実用性の高いトランク内部の空間を確保・・・

電動ガラスサンルーフ

電動ガラスサンルーフ(ワンタッチスライド・チルトアップ、UVカット機能付プライバシーガラス、挟み込み防止機構付)

ワンタッチで開閉できる電動スライド・・・

アクティブ・ノイズ・コントロール

アクティブ・ノイズ・コントロール

エンジン回転数に同期して発生する不快なこもり音に対して逆位相の制御音を4つのドアスピーカー・・・

助手席コントロールスイッチ

助手席コントロールスイッチ

後席からも運転席からも助手席パワーシートのポジションの調整が可能です。

クリップ

室内快適性能「インナーグリーン」INNER GREEN

「クリーンな空気」、「人に(肌に)やさしい」、「清潔、きれい」という3つの視点に立って開発した、
室内環境関連装備を『室内快適性能“インナーグリーン”』と呼びます。

クリップ

抗菌仕様

肌が直接触れるステアリング、シフトノブに抗菌処理を施しました。

クリーンフィルター(花粉除去機能付)
フロアカーペット(プレミアム:吸音・消臭機能付)

クリップ

 

車室内VOC*の低減

鼻、のどなどへの刺激の原因とされるホルムアルデヒド、トルエン等の揮発性有機化合物を低減するために、シート、ドアトリム、フロアカーペットなどの部材や接着剤を見直すことで、その揮発量を抑制しました。また、厚生労働省の定めた13物質の室内濃度指針値を下回るレベルとし、車室内の空気質に配慮しています。 
* Volatile Organic Compounds(揮発性有機化合物)